七浦巧舎
筑前七浦ブランドのオリジナル商品の開発
筑前七浦の会では芦屋町~岡垣町~宗像市~福津市~古賀市~新宮町の筑前七浦エリアを中心に物販部門として七浦巧舎を立ち上げ水産物・加工品などの筑前七浦ブランドのオリジナル商品の開発をはじめ推奨品などの紹介PRを通じてお客様に筑前七浦をもっと知っていただきたいとのおもいから活動しています。




「北斗のみずくみ」ロゴマーク
「北斗のみずくみ」というロマンチックな現象をそのまま図案化しました。色彩は豊かな農産物をイメージさせる優しくて自然な色合いを採用し、そこに生まれる感動の広がりを円で表現しています。また、文字のデザインも活版印刷の書体を用い、現代的にアレンジしています。この「懐かしくて新しい」イメージは筑前七浦が開発するデザインの中で踏襲されています。



北斗の水くみこんぺいとう
9月下旬から10月下旬ににかけて見られる北斗七星のひしゃくが玄界灘の海の水を汲むように見える「北斗のみずくみ」というロマンチックな現象。b 地域の農業活性化を目的として様々な地元農産物をフレーバーにし、おいしくてやさしいこんぺいとうを開発しました。
ロゴマークの開発からフレーバーの選定、加工方法の研究まで一貫して筑前七浦が行いました。現在は製造中止となっています。


鶏卵煎餅
子どもの頃を思い出す懐かしい味。「七浦けいらん煎餅」は昔ながら、一枚一枚丁寧に手焼きにこだわる煎餅で、卵の風味が口の中いっぱいに広がります。姉妹品の「七浦みそ煎餅」も大好評です。
ぜひ一度お試しください。


生姜煎餅
宗像産の新生姜でおせんべいを作りました。従来の生姜煎餅より風味が強く、まさに大人のお菓子といった感じです。ただいま初回生産分を数量限定で販売していますので、お見かけの際はぜひこの味をお試しください。



海女の塩飴
ミネラルたっぷりの筑前大島の海水を平釜製法で造り上げた「天然塩」を原料にした、職人こだわりの「手づくり飴」です。天然塩の深い味わいとほのかな甘さをお楽しみいただけます。この夏よりパッケージと中身もリニューアルして発売中です。


きみしゃんいりこ
「きみしゃんいりこ」は福岡県芦屋町にて40歳で割烹旅館「加津浦」の女板前&女将として創業した際に地元の漁師さんのおつまみとしていたピリッと甘辛な「いりこ煮」を秘伝の製法とこだわりの醤油ダレで味付けした、心をこめた手作りの逸品です。