地域ブランドの新しいカタチ
「筑前七浦」は、北部九州沿岸の芦屋町、岡垣町、宗像市、福津市、古賀市、新宮町を「一つの観光圏」と位置づけ、各地の豊富な観光資源を地域横断でつなぐ新しいタイプのブランドです。
地元で観光関連業に従事する各地の事業者が発起人となり、それぞれの観光資源に磨きをかけること、互いが切磋琢磨することなどを規範として、地域連携の強みを活かした「地域力」の創出を行なっています。
ブランド開発
筑前七浦について

筑前七浦の「チカラ」から
「こたえ」をみちびく
これまでに「筑前七浦」は、この地の豊かな食材や自然、重厚な歴史を中心としたテーマで多くのプロジェクトを行ってきました。
私たちは、あらゆる事業を、この「本物のチカラ」を丁寧にカタチにすることだと捉えています。
「おいしいだけではなく体に優しいこと」
「楽しいだけではなく心に残ること」
地域を活かしたものづくりへのプロセスや美しい自然を守りぬくことが私たちに与えられた使命です。 また、そのプロジェクトの多くが、商品やサービスの販売や紹介だけに止まらず、ネットワークの形成や次世代の育成などの新たなコミュニケーションへと繋がっています。
鐘崎ふくフェア

たくさんの仲間達とともに
新しいカタチをつくる
「筑前七浦」は、新しいカタチの地域ブランドを発起メンバー以外にも、七浦エリア内のたくさんの仲間達(観光協会や行政、地域)とプロジェクトをすすめています。
筑前七浦リンク